スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くもり,EURO2008決勝

ドイツ対スペインというカードになったEURO2008の決勝戦の予想は,僕が聞いた限りではドイツの勝利という声が結構多かったように思う。

個人的にはスペインの勢いに乗ってみたかったけど,ドイツの粘り強さも捨てがたい。でもどっちが堅実かと言えば,永遠の優勝候補と言われ続けたスペインよりもドイツの方だろう。

その意味で評論家を含む多くの人がドイツの勝利を予想していたのは,ある意味当然と言える。でも今回に限って言えば,永遠の優勝候補は候補にとどまらなかった。前半にフェルナンド・トーレスが伸ばしたその足は相手キーパーよりもわずかに先に触れることができて,ボールはドイツゴールに転がっていった。

結局スペインはその一点を守りきると言うより攻めきって1-0でドイツを下した。見ていて凄いなと思ったのはアラゴネス監督の采配だった。リードした後半にも関わらず全く守りに入らない。準決勝でも後半攻撃陣を2枚同時に替えて更に点を取りに行く姿勢を明確にしたのはかなり驚いたけど,この試合でも全く同じスタンスだった。

こういう試合をリアルタイムで見ることができて幸せだ。こういう試合を今度は日本代表で見たいと願いつつ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。