スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,トライ&エラー

今日は今週受けた大学院の面接結果があったので,見に行ってみた。正直言って二次の面接はあんまり手応えが感じられなかったので覚悟していったのだけど,やはりというかそこに僕の受験番号は書かれていなかった。うーん,残念。

でも哀しいとか悔しいと思う前に,僕はあれだけ受験していた社会人が最終的にたった一人しか合格していないことにびっくりしてしまった。社会人合格率は公表されていなかったので,まあそんなに高くはないのだろうなと思っていたけどこれは厳しい数字だと思う。もう少しは合格者がいると思ったのだけど。

とりあえず僕の冒険はひとまず終わり,また新たな計画を立てることになるのだけどまあいい経験になった。もちろん悔いがないといえば嘘になるが(野茂の言葉を借りずとも,どこに悔いのない人生なんてあるのだろう?),それでも現時点での自分の力がどの程度のものなのかある程度把握することができた。

そして今までと同じように,トライ&エラーを重ねていいところはなるべく伸ばし,まずい点は修正していくしかない。もちろんそれはこうやって言葉にするよりもずっと大変な作業であることは間違いない。

でも,僕は今まで自分の興味あることしかやってこなかったし,これからもそういう生き方を変えるつもりは(少なくとも)今のところはない。だから,それに伴うある程度のリスクは受け入れるつもりでいる。

だから何か嫌なことがあったりしても,お前は他の人と違う道を自ら選び,自分の好きなことを好きなときに好きなだけやっているんだから,他の人が経験しなくてもいい嫌なことがあっても仕方ないだろうと思うようにしている。それはある時にはうまくいくし,ある時には書類から目を上げない面接官に向かってしどろもどろのスピーチを行わなければならない。

誰かに強制されているわけではなく自分で選んだことなのだから,たとえうまくいかない時にも誰かに文句を言ったり,自分の失敗を他人のせいにしたり羨んだりせずに生きていこうと思っている。それは僕のささやかなポリシーでもある。

まああんまり書くとグチになりそうなのでこのくらいにしておくけど,自分が思っていたよりも自分の能力が通用しそうだということがわかっただけでも収穫があったと言える。結構しんどかったけど,やってみてよかった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。