スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめ,父帰る

オヤジは無言でうちに帰ってきました。最初は糖尿病の入院治療だと思っていたので,こんな形で帰宅することになるなんて思いもしなかったと思います。

緩和ケアを優先してもらったため,そんなに苦しまなかったみたいです。みなさまには色々とお世話になりました。ホント感謝しています。

連休から2度の危篤を乗り越えて,このまま回復するんじゃないかと思ったのもつかの間,今日の午後みるみる容体が悪くなってしまったみたいです。

東京に戻って授業に出ていた僕はオヤジの最期に間に合いませんでした。

今こまちと一緒に,座敷で線香が絶えないように見張っているところです。なんだか不思議な気分ですね。

夜が明けたら,葬儀やらなにやらいろいろとやることがあるので大変ですが,僕が喪主なのでしっかりしないとねー。

オヤジの上に置かれた軍刀を見ていると,まるで映画のワンシーンみたいだなーなんて思います。そういえば,じいちゃんのときも同じだったんだよなって思い出しながら。

オヤジ,色々大変だったけどよくがんばったな。今夜は久しぶりに二人で飲もうか。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。