スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,消してしまったファイルの復帰

先日,同じ研究室の人から相談を受けた。なんだろうと思ったら,デジカメのデータを誤って消去してしまい困っているそうだ。

ふっ,ここは新人ITコンサルタントの出番だな。

というわけで持っていたMacBook ProにつなげてDiskWarriorを起動する。詳細はこちら。

http://www.senko-corp.co.jp/alsoft/DiskWarrior4.htm

このソフトはノートン先生も真っ青の修復ユーティリティで,Macの場合はこれを使ってダメならあきらめた方がいいというくらいの信頼性がある。

ところが...

デジカメで使用していたSDカードはDOSのフォーマットなので修復できないとアラートが出てしまった。がっくし。

というわけで今度はWindowsパーティションから起動して,DOS系アプリを探してみる。

まず検索で引っかかってきたのが,filerecoveryというフリーウェアだった。

http://www.altech-ads.com/product/10001590.htm

試してみると確かにjpegファイルが作成されるが開かない。うーん,ダメか。

次にSoftPerfectというところのファイル復元ソフトを試してみる。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080314_filerecovery/

これだと消したファイルの認識もされない。うーむ。

最後にPhotoRecというDOSのソフト。評判は良さそう。

http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download

使ってみるとコマンドラインで指定する必要があるみたいだ。とりあえず適当にボリュームを選択して修復することにした。

5分くらい待たされて,指定したフォルダを見ると...

写真のデータがあった!しかも全て復元されたみたいだ。すごいな,これ。

というわけで無事,ITコンサルタントの名目を保つことができた。ふー。というわけで今日の教訓は...

1. 間違えて消去した場合は,まず何もしないこと

2. 別ボリュームからPhotoRecを起動する

3. 修復を実行する

ということだった。もしうっかり消去してしまった方はお試しあれ。かなりの確率で復旧できるかも。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。