スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くもり,勝率94%でも不感症

ヤワラちゃんこと谷亮子選手が現役を引退したことにはちょっとびっくりしましたが,意外にもその後あんまり話題にならないみたいです。

僕はちょっと興味があったので,試合のデータをいろいろと探してみました。

びっくりしたのは,彼女は過去18年間の世界大会におけるキャリアでたった4回しか負けていないということでした。データは下記のサイトから持ってきてあります。

http://www.judoinside.com/uk/?factfile/view/2970/ryoko_tani

海外大会の65試合のうち,負けたのが4試合なので勝率は94%ですね。
ちなみにこれは海外の試合だけなので,それぞれ11連覇を達成した福岡国際と体重別は含まれていません。これを含めると勝率はさらに上がります。

そして,その4回の敗戦はすべて決勝か準決勝で,それぞれ2回ずつ起こっています。
しかも連続して負けたことがないため,結果として彼女は3位よりも下になったことがありません。
そのため過去に5回出場したオリンピックでは,すべてメダルを獲得して帰ってきています。

こうやってデータだけ見ると,とんでもなく強かったことがわかりますが,イチローを引き合いに出さなくても,世の中というのは僕も含めてケタ外れの強さには不感症になってしまうみたいです。

こういう「ヒーローの強さにおけるインフレ現象」について一度じっくりと研究してみたいと思いますが,論文にするのはなかなか難しいだろうなあ…
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。