スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,後期はこんな授業を受けてみます

いよいよ後期の授業も始まりました。

ただ,単位は売るほどあるので,必修はゼミだけであとは聴講生として参加するつもりです。

今回はこんな感じ。


・後継者経営革新論

いわゆる二代目の経営とは創業者とどう違うのか,という授業です。

世代交代によって社長が新しくなってから急に業績がよくなった会社にお願いして,毎回ゲストスピーカーを招いて講演してもらいます。


・アントレプレナーシップ論

早稲田のビジネススクールで教えている先生が客員講師としてうちにやってきました。

シリコンバレーの企業が成功するにはどういうことが必要なのか,という講義です。

知っている企業の名前ばかりなので気が楽というか,親しみやすいですね。


・マーケティング実行論

慶応のビジネススクールで大人気だった先生の授業です。

日本企業のおみこし経営(計画もなくワッショイやっているけど,ちゃんと時間通りに街全体を巡回してくる不思議な現象)について,という講義です。


・犯罪心理学

前期に受講して大当たりだった心理学研究科の先生に,後期も参加します。

今回は専門家になるために必要なプレゼン技術と,かしこい質問のやり方を勉強します。

よくテレビでコメンテーターが出てきますが,できる人はわかりやすい言葉で,的確なポイントを話すことができますよね。

こういう技術は練習しないと身につかないので,みんなでやってみようという企画ですね。


・中小企業経営革新論

この不況でも右肩上がりで業績が伸びている最先端の中小企業を洗い出し,全国各地にとびまわって取材を行い,プレゼンするという内容です。

僕がゼミで教わっている先生の授業ですが,教室はほぼ満員なのはびっくりしました。

ベストセラーの影響なのか,大人気ですな。


・経済政策論

たぶん日本で五指に入る経済の専門家である先生が,政府の経済政策は本当に効果があるのか検証します。

最近のテーマなので,こども手当とか民主党のマニフェストがまともなのかという話が出てきます。


…け,結局またこんなに受講することになってしまいました。

でも大変そうですがみんな面白そうです。

もし興味があったら,かいつまんでわかりやすく説明しますので教えてくださいね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。