スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,連続殺人の女性ケース(黒い未亡人編)

なんか意外に人気があるこのコーナー,前回に続いて今度は女性が連続殺人を行うケースについて教わったことをまとめてみます。

女性の場合には大きく分けて3つのタイプに分類されるそうです。

で,まず最初が「黒い未亡人」と呼ばれるタイプです。
まあ,想像がつくと思いますが,夫の遺産や保険金が目的ですね。

ちなみに,男性の場合は金銭目的で連続殺人を犯すケースはほとんどないそうです。な,なんだか女性の方が現実的で怖いですね…

このタイプではほとんどのケースが毒殺によるものです。
まあ腕力で劣るので当然でしょうが,これまた多くのケースでヒ素が使われています。
少しずつ弱らせていくパターンですね。

ただ,ヒ素の場合には遺体に証拠が残りますので,何度もやっているとそのうちバレます。
特に欧米では土葬なので,後から掘り返して検証したら不審死を遂げた家族全員からヒ素が認められたというとんでもない事件もありました。

先生曰く,もし何度もやりたいなら酒飲みで夜釣りが趣味のダンナを見つけてくるのがいいそうです。

夜釣りに行くダンナに睡眠薬入りのウイスキーを渡してこっそり後を追っていき,酩酊状態になっているところで崖からそっと背中を押せば証拠が残りません。

ちなみに,こういう場合はほとんど事故死として処理されてしまうため,ほかの事件から追求されて明るみに出るパターンが多いそうです。

ということは,バレていないケースもかなりあるということですよね。
な,なんだかおっかないな…

長くなってしまったので,続きはまたの機会にでもまとめてみます。
よい子のみんなはまねしないでね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。