スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あられ,生きながら灰に飲み込まれて

教科書などで有名な,ポンペイの街を観に行く。

ローマからポンペイに行くには,まずはイタリア南部にあるナポリに行かなければならない。そこから電車に揺られて30分程度で到着する。

意外に近いという印象だった。


写真


そこには西暦79年8月24日に近くのヴェスヴィオ火山の噴火によって,わずか一日で灰に埋もれてしまった街があった。


写真


これが街の通路で,平安京のように碁盤の目みたいに整備されている。
両端が歩道になっていて少し盛り上がり,中央がへこんでいて水が流れていく。

2000年近く前に,既に治水が行われているところがすごいね。


写真


我々が歩いているときに,突然大粒の雨が降ってきた。
その雨は形を変えて,やがてあられになっていた。
こんな南部であられが降るってのはどういうことなんだろう?

この白いつぶつぶがあられなんだけど,こんなの日本でも見たことないや。


写真

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。