スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめ,容疑者の名前が公開されない理由

ちょっとマジメなタイトルですが,この間の送別会で話題に出たので調べてみました。最近「結婚詐欺容疑がある34歳の女」みたいな感じで名前を公表しない事件がいくつかありますよね?

外国人の人権団体とか関係あるのかなという話が出たのですが,実際はそうでもないみたいでした。

今回のケースでは,この容疑者が詐欺事件だけで立件されていることがポイントみたいです。それと関係があるように不審死の事件が報道されていますが,こちらでは殺人の容疑者とされていません。

でも,これだけ同じタイミングで報道されてしまうと,多くの人は(僕もそうですが)詐欺事件の女=不審死の犯人ととらえてしまいます。

実際に後で不審死でも立件されれば問題ないのですが,万が一別の人が容疑者になった場合に人権問題になります。

というわけで,どれだけ「限りなく黒に近いグレー」な存在だったとしても確実に容疑者にならない限りは,仮名で報道されることになりそうです。

いやー,勉強になりました。でも最初の時点では思いっきり実名報道されていたし,今でもネットで検索すればすぐわかってしまうのに,なかなか難しいのね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。