スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,弱者って誰のことなんだろう?

画像が入手できたので,今日は10/3に行われたシンポジウムのことについて書いてみようと思います。

うちの研究室で無料セミナーを市谷田町校舎で企画しました。

この日のテーマは「弱者に優しい企業とは」だったのですが,それにも関わらず天候はあんまり僕らにとって優しくなく,降ったりやんだりという感じでした。

もしかしたらこれで人数が大きく減るかという不安が出てきたのですが,嬉しいことにそれは杞憂に終わりました。それがこの写真で,ほぼ満員でした。


写真


ちなみに一番左端で立っているのが僕です。僕はドキドキしながら司会進行を行ったのですが,つい先生方の講演に聴き入ってしまいました。

僕が一番心に残ったフレーズは株式会社スワンの海津さんの「高齢化社会になって,人生一度は障害者をやる時代になったんだ」という言葉でした。

年を重ねるにつれて,今までできていたことがだんだんできなくなっていきます。でも僕は今までそんな風に考えたことはありませんでした。いいきっかけになったんじゃないかな。

これ以外にもステキなお話はたくさんありましたが,これを聞いただけでイベントをやってよかったなーとつくづく思いました。成功してよかったー。

でも今は強者であってもいつかは弱者になるとすれば,一体弱者って誰のことなんだろう?

強いだの弱いだの,障害者だの健常者だのそんな区別なしに困った人や弱っている人を自然に助けることができる,そんな「困ったときにはお互いさま」社会になるといいなーと思います。な,なんかうまく言えませんが...

柄にもなく,そんなことを考えさせられた土曜日でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。