スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,新たな矯正

最近学校の若い子たちと飲んでいると,たまに箸の持ち方がメチャクチャな人がいます。僕は全然気にしないのですが,学校付近でよく飲みに行くお店のママが年齢柄そういうのにうるさいみたいで冗談交じりに注意してきます。

「あなた,よくその持ち方で刺身を持てるわね?小さい頃注意されなかったの?」

言われた子は気まずそうに,それでもそのまま食べ続けます。まあ確かにすぐ修正できる訳じゃないものね。

...偉そうに言っていますが,実は僕もあんまり褒められた持ち方ではありません。一見するとわからないのだけど,中指が箸と箸の間に入らない持ち方なのでよく見るとお行儀のよくない持ち方だとわかってしまいます。

というわけで,人の振り見て我が振り直せじゃないけど矯正することにしました。人間なんでも100回くらい繰り返すとそこそこできるようになるということをどっかで読んだので,信じてやってみることにします。

一度直してしまえば一生恥をかかなくてすむものね。骨折して力も入らないし,ちょうどいいかも。もしいい方法があったら教えてくださいな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。