スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はれ,自動音声で電話をかける

自宅の電話が鳴ったので番号を確認したら,見たことがない番号だった。キャッチセールスかもしれないと思ったけど,うちの市外局番に近いところなので出てみることにした。

すると...

「こちらは**図書館です。貸出期間を過ぎている図書がありますので速やかに返却してください」

という自動音声が流れてきた。延々リピートしているので,留守電にしたら時間いっぱい録音されるところだった。

いや,確かに期限を過ぎたのは悪いと思うのだけど,いきなり自動音声で電話をかけるのってどうなんだろう?コスト削減になるとは思うのだけど,人によっては失礼だと思ってクレームを入れる人もいるかもしれない。

なんとなく腑に落ちないのだけど,まあ返さない方が悪いのでこれから図書館に行くことにした。

ちなみに大学からも期限が過ぎていたので(なんせ入院していたのでかたっぱし期限切れになってしまう)返却して欲しいという電話が来た。こっちはちゃんと窓口の方から,非常に丁寧な口調でお願いされた。

うーむ,なんだか複雑な心境だなー。まあいいや,文句言わずに返してこよう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。