スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くもり,当てが外れると

うちの大学院では5Fにメインの教室が二つあります。どちらも一番大きい教室なので,最大の集客力を誇ります。

通常は二つ授業があると,だいたい半分ずつ受講する生徒が分かれます。ところが,片方が必修科目だったりすると比率が8:2とか9:1になることがあります。

昨日僕が受講した授業は,必修科目のウラ授業だったので生徒数が少なかったのですが...

...ご,五人か...

先生も拍子抜けしたみたいで,スライドに「グループにわかれて討論」とか書かれているのに「ぐ,グループに分けられるほどいないので,一人一人で作業してください」と言っていました。心なしかちょっと寂しそうでした。

とてもおもしろい授業だと思うのだけど,こういうのって難しいよねえ。でも他の人に聞いてみたらこれはまだいい方で,ある人が受講している授業は生徒が二人しかいないそうです。

で,片方が仕事かなんかで休んだので3時間先生とマンツーマンだったそうです。うっかり居眠りもできませんな。

そうなったら居酒屋でビールでも飲みながら授業やってもらおうかな。ここだけの話とか聞けそうだけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。