スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめ,偉業はイチローだけじゃなくて

京大の山中教授がラスカー賞を受賞したというニュースがありました。おめでとうございますー。

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091401000417.html

山中教授と言えばiPS細胞研究の第一人者として有名ですが,わずか3年前に開発した研究に対する受賞のスピードは異例だとのことです。

実は昨年も遠藤博士が日本人として受賞していますが,これは1987年に製品化された「スタチン」を発見した業績が認められたからです。20年くらい経過しているのですね。

これを考えると,今回の山中教授の受賞がどれだけ速い受賞なのかわかります。それだけ期待が高く,注目されているということだと僕は思っています。

ちなみにこのラスカー賞は,ノーベル賞受賞者も多く輩出しています。iPS細胞が実用化されれば山中教授の受賞はまず間違いないと思いますが,期待度は高まりますね。

こんなことを言うとグローバリゼーションに真っ向から対抗するようですが,それでも僕は同じ日本人として誇りに思います。僕もがんばろう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。