スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くもり,火曜日の意味

大統領選はどうやら民主党候補であるバラック・オバマの圧勝で終わりそうだ。僕が思うに,共和党候補のジョン・マケインは戦う相手を間違えた気がする。

彼が戦うべき相手は,ジョージ・ブッシュであってオバマではなかった。それが今回これだけ差をつけられた理由だと僕は思っている。

さて,よく予備選のことを「スーパー・チューズデイ」とか言うけど,そう言えば選挙っていつも火曜日だなってふと思った。気になって調べてみると連邦法で火曜日と決められているみたいだ。

投票日は国によって異なるみたいで,日曜日は安息日という理由で避けて平日にしているところが多い。日曜日に投票するのは日本以外だとドイツとフランスくらいらしい。もしかしたら曜日によって投票率も変わるかもしれないね。

他に有名な火曜日と言えば,なんと言っても「ルビー・チューズデイ」を挙げたい。僕はこの曲でローリング・ストーンズが好きになった気がする。

この曲に限らず,ぶっきらぼうに見えるバンドが垣間見せる繊細さというのに僕は強く惹かれることがある。たぶん,イメージとのギャップがあるからなんだろうね。

「何も得ることもなく,何も失うことのない人生に」

書いていたら,なんかまた聞きたくなってきた。今日は聞き直すかなー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。