スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くもり,抜糸に行く

こまちが手術をしてから10日が経過した。今のところ傷口を気にすることもなく,順調に回復しているので抜糸することになった。

病院まで歩いて20分以上かかるので,今回もタクシーを利用することにした。グリーンキャブに電話しようとも思ったけど,また近くにいないから配車できないって断られるのもイヤなので家の前で空車待ちをすることにした。

タクシーを止めて運転手に犬を乗せてもいいか,と聞いてみると全く問題ないという。なんだ,最近は大丈夫なのかなー。

乗車拒否になるから断れないのかもしれないけど,助かった。念のためシートを汚さないようにペットシーツを敷き,その上にこまちを乗せる。最初はじたばたしていたけど,最後は観念したみたいでおとなしく乗ってくれた。

病院では待たされることなく診察してもらうことができた。経過も良好のため,抜糸もスムーズに進んだ。すぐおすわりをしてしまうので,座らないように後ろ足を掴んでいたらいきなりシッポを大旋回させ始めた。

なんだなんだと思ったら抜糸のごほうびに先生がおやつをあげたらしい。しかし本当に食べ物につられる犬だな。すると先生夫婦が感心したように,

「すごい,診察台の上でエサを食べる犬を初めて見た」

とか言い出す。ど,どんだけ食い気があるんだろう...そもそも,喜んで病院に入ってくる犬も珍しいらしいのだけどね。

手術時に発見された乳腺腫の検査結果も聞いてきたけど,良性だったということでほっとした。あとは足の脂肪腫が大きくならないようなら,今のところこまちの心配事はなくなりそうだ。

今日から散歩も再開できると言うことで,帰りは散歩がてら歩いて帰ってきた。本犬も久しぶりだったのでコーフン気味だったが,やたら大きなうんちをしたのでびっくりした。

そう言えば,体重も順調に減ってきているのでダイエットも成功しそうだ。前回14.4kgだった体重は13.6kgに減っていた。やっぱり子宮は800g以上あったのね。もう少し減ってくれれば理想なんだけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。